訪日観光客に必要な対策|馴れない韓国語の翻訳も任せてスムーズに読めます

馴れない韓国語の翻訳も任せてスムーズに読めます

訪日観光客に必要な対策

女性

インバウンド需要の取込み

訪日外国人が2500万人に迫る勢いです。今後もオリンピック開催に向けて増えることは確実です。このような訪日外国人の増大によってインバウンド需要も拡大しています。旅行業界やホテルや旅館の宿泊業界はもちろんのこと、地方自治体も受け入れ体制を整える必要があります。この時に問題になるのがコミュニケーションです。日本の食文化やアニメは世界的なブームになっているので、あらゆる国々から訪問者がやってきます。基本的には英語で通用しますが、特に多い中国や韓国や台湾からの訪問者にはその国の言葉で対応するサービスが必要です。利用すると便利なのが多言語翻訳サービスです。このような会社を利用してホームページを多言語で活用できるように作成するのです。多くの観光客はホームページを手がかりにしますので、せめて多言語翻訳で利用できるようにしておけば、かなり役立ちます。

リサーチでコストを軽減

多言語翻訳サービスを利用する場合にコストを考える必要があります。例えば旅館のパンフレットなどの場合は、一文字あたり15円とか20円などの設定になっているので、コストを考えて翻訳を依頼します。多言語になるとコストがかかります。英語をメインにして中国語と韓国語を併用する程度でも効果があります。また観光地などはどの国の観光客が多いのかをリサーチする必要があります。中国からの団体客が多い場合は、中国をメインに翻訳を依頼すればコストを抑えられます。インバウンド需要が拡大しているので、多言語翻訳のサービス会社はかなり多忙です。翻訳には時間がかかりますので、早めに依頼することです。その場合、元になる原稿はなるべくわかりやすい文章にしておくのがポイントです。複雑になると正確な翻訳が難しくてミスが出やすくなります。